緊急通報管理システム
 緊急通報管理システムとは?
自治体・法人様向けサービス

緊急通報システム説明

 高齢化社会の中で、独居老人や昼間一人暮らし、高齢者世帯が急速に増えております。
ベルセンターは、24時間いつでも緊急事態が発生すれば、電話回線を利用し、状況に合ったサービスが受けられるシステムです。
 消防署や近隣の協力者に通報宛先を設定すると、緊急以外の通報の多さに悩まされることもありました。(当社通報実績98%以上が、誤報・世間話・連絡等)
しかし、ベルセンターが通報を一手に引き受けて対応することにより、前述の問題は解決されることとなります。
 ベルセンターでは、緊急通報装置とコンピューター共同利用型の通報受信システムを採用しています。

 ベルセンターでは、自治体と地域の協力員が一緒になって、独居老人や昼間一人暮らし、高齢者世帯を見守っていく緊急通報システムを推奨しております。救命はもちろんですが、日常生活の精神的な安定が一番です。生活に不安をかかえたままにしては、本当の意味での支援・見守りではありません。
 あたたかい心のこもった対応が、ベルセンターの基本と考えています。

シーモスでは、自治体と地域のみなさまと共に、高齢化社会・老人福祉に貢献できるよう努めております。
協力員方式の緊急通報図


緊急通報装置(家庭用端末)
緊急通報装置説明図
 装置は、本体に”緊急”と”相談”のボタンがあり、また無線ペンダント(通報距離約50m)がセットになっています。本体は、内蔵電池で停電時にも通報可能です。
面倒な操作などなく、ボタンを押すだけでベルセンターに通報が入ります。
 工事には工事担任者資格者がお伺いし、26年の実績を誇るシーモスが、最新の電話工事技術で対応します。ご要望によりオプション機器・センサー等も取り付け致します。
 緊急通報を熟知したシーモスは、「セイテック株式会社」と提携し、設計段階から検討を重ね、より安全な信頼性の高い緊急通報装置の開発に協力しています。
 

緊急通報管理システムの流れ
  
緊急通報システム案内図
  
@ 装置本体ボタンか、無線ペンダントボタンを押すと、電話回線を通じベルセンターにつながります。
A 専任のオペレーターが、24時間いつでも対応致します。
B 緊急の場合は、消防署・協力員等に連絡し、必要に応じて、親族や 関係機関先にも連絡致します。
C 相談の場合は、内容に応じた迅速な対応をし、また体調や近況を伺い、精神的なサポートもしています。
   (個人情報に関しましては、当社プライバシーポリシー”個人情報保護規定”を基に厳守致します)
D 誤報の場合には、様子を伺い何時でも気軽なお付き合いを心がけています。

 自治体に対しては、内容に応じて即時報告書を提出するとともに、月次業務委託報告書を提出致します。
 報告書により、緊急通報業務全体の把握ができ、担当者の負担を大幅に軽減します。
 (報告書については、オプション契約で内容を変更することもできます。)

全国ネットワークのシーモス

緊急通報管理センターとして全国2社3ヶ所のセンターで対応いたします。
バックアップシステムでセンター事故(システム故障・回線不通・長時間の停電等)
災害にもさらに安心です。

シーモスグループ案内図

  ベルセンターのコンピュータシステムは、シーモスの高い信頼性と26年の経験をもとに開発・構築され、
 全てをネットワーク化し、センター間のバックアップも万全です。
 (緊急通報装置のメーカー・機種問わず、通報を受信できます。)

Copy right 2002-2016 CMOS all rights reserved. ホームへサイトマップへ